イスラーム礼拝所 名古屋モスク バーブ・アル=イスラーム岐阜モスク

よくある質問

下記にないご質問は、お気軽にメールにてお知らせください。→ お問い合わせはこちら

Q.イスラームとは何ですか?
イスラームとは、人間が本来あるべき姿で生きることを教えている宗教です。創造主であり全能であり全てを司る神であるアッラーを信仰し、神への感謝をもって生きることを教えています。ムスリム(イスラーム教徒)は、イスラームの教えにしたがって暮らすこと(帰依すること)により、心の平安を得ることができます。 

Q. イスラームについての書籍、無料冊子、無料DVDはありますか?
A. 名古屋モスクでは、各種イスラーム冊子や書籍を無料配布、又は販売しています。どなたでもご利用いただけますのでご希望の方は、お気軽に名古屋モスクへお越しください。

Q. イスラーム教徒ではないのですが、モスクを見学できますか?
A. イスラーム教徒でなくても内部の見学は可能ですので、足を運んでみてください。時間帯により管理人が不在の場合もありますので、事前に電話で確認してからお越しくださるようお願い申し上げます。また団体でお越しの場合は、予約が必要ですので、まずは名古屋モスクまでお問い合わせください。

» モスク見学・訪問のご案内はこちら

日本人スタッフは常駐しておりませんので、対応できない場合がございます。ご見学、ご訪問の際は、メールにてご連絡下さい。

Q. モスクを訪れるときの服装の注意点は?
A. モスクに入られるときは、礼拝所のマナーとして、モスク内で肌の露出(半ズボン、ミニスカート等)を避けていただくようお願いしております。何卒ご理解のほどお願い申し上げます。

Q. 勉強会に参加したいのですが?
A. 名古屋モスク主催の勉強会では主にムスリム(イスラーム教徒)を対象としたクルアーンのレッスンになりますが、ムスリム以外に一般の方にも参加していただける自主グループによる催しも開催されております。
詳細はこちらをご覧ください。
» 名古屋モスク主催勉強会
» 自主グループによる勉強会等(別サイト)

Q.イスラームに入信するにはどうしたらいいですか?
A. ムスリム(イスラーム教徒)になろうと思われた方は、自分ひとりで信仰告白(シャハーダ)をしても、そのときからアッラーの元ではムスリム(イスラーム教徒)となります。信仰告白というのは、信仰告白(シヤハーダ)の言葉(カリマ)(Q2参照)を口に出して唱えることです。洗礼や寄付や儀式などは何も必要ありません。ただ、神に対してこの言葉を言うだけで、その人はその日からムスリム(イスラーム教徒)となります。
この信仰告白(シャハーダ)を正式に行うには、モスクなどのイスラーム機関で、2人のムスリム(イスラーム教徒)の前で信仰告白(シャハーダ)をします。正式に行うことで、イスラーム機関から入信証明書(Q6参照)をもらうことができます。

» 名古屋モスクでの入信手続はこちら

Q.信仰告白(シャハーダ)の言葉とは何ですか?
A. 信仰告白(シャハーダ)とはアラビア語で次のように唱えることです。
「アシュハド アッラーイラーハ イッラッラーフ ワ アシュハド アンナ ムハンマダン ラスールッラー。」
日本語の意味は 「アッラーのほかに神はなく、ムハンマドはアッラーの使徒です。」
これを1人で、もしくは2人以上のムスリム(イスラーム教徒)の証人の前で言うことで、人はムスリムとなります。

Q. 正式にイスラーム機関で入信するときは何をしますか?
A. 正式には、2人以上のムスリム(イスラーム教徒)の証人の前で、イスラームの信仰を受け入れることを表明します。通常はモスクなどのイスラーム機関で行います。イスラーム機関で入信手続きを行う場合には、入信証明書を発行しますが、入信の手続きにお金は一切かかりませんのでご安心ください。
ただ、イスラーム機関によっては、様々な理由から予約が1週間後になったり、と、入信が遅れる場合があるため、そういった場合には、知り合いのムスリム(イスラーム教徒)2人の前で信仰告白(シャハーダ)をしておくこともできます。また、証人がいなくとも、ムスリムになりたいと思ったら、その場ですぐに1人で信仰告白(シャハーダ)を口にしておくことで、万が一モスクに行くまでに寿命が来て亡くなってしまった場合にも、アッラーの元ではムスリム(イスラーム教徒)となるので安心です。

Q. 信仰告白(シャハーダ)は、アラビア語で唱えないといけませんか?
A. 他の言語で言っても心の中はアッラーだけがご存知ですが、正式には、アラビア語で唱えます。モスクでは、イマーム(先生)が少しづつ、区切って言いますから、その後に続いて同じように言うだけなので、とても簡単です。

Q. モスクやイスラーム機関で発行する入信証明書はどんなときに使いますか?
A. ハッジ(大巡礼・イスラーム暦12月)やウムラ(小巡礼)に行くとき
結婚(ニカー・イスラーム式結婚契約)をするとき
イスラーム諸国の学校にイスラームを学びに留学に行くとき
ジャナーザ(イスラーム式葬儀)の際にご家族に提示するため etc.

日本ではイスラーム機関から、ハッジ(大巡礼・イスラーム暦12月)の時期になると招待ハッジのお誘いがあることもあり、その場合には、航空券やホテル代も格安、もしくは無料でサウジアラビアに行きハッジ(大巡礼)を行うことができます。こういった無料ハッジは、突然、募集案内があることも多いので、事前に入信証明書を用意しておいた方がよいでしょう。  

Q. 入信した後は何をすればいいですか?
A. 入信したからといっても、その日から急に信仰深いムスリム(イスラーム教徒)になれるわけではありません。より良いムスリム(イスラーム教徒)を目指しイスラームについての学習面、行動面で努力をすることが大切です。それは、新たに入信したムスリム(イスラーム教徒)だけではなく、すでに数十年前に入信した人でも、生まれながらのムスリム(イスラーム教徒)でも同様です。必ず来る死の瞬間まで、人はイスラームを学びつづけることが奨励されます。

全国の各モスクでは勉強会を行なっているところが数多くあります。ぜひお近くのモスクにお問い合わせ下さい。
モスクでの勉強会は、新しく入信された方はもちろん、ムスリムでない方も大歓迎ですので、ぜひ参加してみてください。
                 

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.