イスラーム礼拝所 名古屋モスク バーブ・アル=イスラーム岐阜モスク

見学者からの感想 (2022)

  • HOME »
  • 見学者からの感想 (2022)

2022年に名古屋モスクに見学にいらっしゃった方々からの感想の一部と写真を掲載いたします。

※2022年以外の感想は以下をご覧ください。
2021年分  2020年分  2019年分 2018年分 2017年分 2016年分 2015年分 2014年以前分

2022.1.11 日本福祉大学学生と愛知県公立小学校教員

・イスラム教に対して知れば知るほど見方が変わり、今まで感じていた宗教に対する壁は次第に感じなくなりました。そして宗教はきっとそれほど身構えるものでもなく、その人の一部に過ぎないのだと考えるようになりました。その中でも20億人それぞれ信仰の形が異なるため、私たちが外からイスラム教徒ならこうでしょう、と言えるものではないことを再認識しました。また、時間の流れの捉え方の違いや、一日に何度もシャワーを浴びることがあるという話は非常に興味深く、さらにイスラム教について知りたいと思えるきっかけになりました。自分の関心に合った切り口から話を聞くことができ、とても充実した時間でした。
・サラさんの言葉の中でも”20億人20億通り”という言葉がとても印象に残りました。”イスラム教”ということで一括りにするのではなく、きちんと一人一人と向き合うことの大切さを改めて知ることができました。また、”世界的でみれば、日本人の考え方はマイノリティである”という言葉にはハッとさせられました。これからイスラム教徒の生徒や友達と関わっていくなかで、大切にすべきことをたくさん学ばせていただきました。また、機会があればお話を聞かせていただきたいです。

2022.1.8 金城学院大学教授と学生

・本日は貴重なお話しありがとうございました。本日のお話しを聞いてメディアの情報にまどわされてはいけないことが分かりました。世界史で少しイスラームを学んだ私でさえ、「イスラム教」というフィルターをかけてムスリムの方を見てしまっているときがありました。ムスリムについてまったく知らない人は、より偏見を持ってしまっていると思います。今日、ムスリムについて前よりも理解することができたので、誤解をしている人がいたら、違うということを伝えたいと思います。
・イスラム教について、モスクについて、今までくわしく知る機会はありませんでした。世界三大宗教の1つで世界的に見るとマジョリティであるはずのイスラム教は、日本ではISのせいもあり、良くないイメージが少しありました。でも、それは大きな間違いで、信じる紙が彼らにはいて、彼らは私たちと同じように生きているのだと、感じました。おそらくわかっていたことのはずのことですが、今日それを近くで知ることができて勉強になりました。
・色々なムスリムがいることを知りました。20億人の人がいる中で20億通りの生き方があるというお話に納得しました。イスラム教は怖いイメージがあったけれど、今回を通して、イスラム教について深く知ることができたし、厳しくて怖い宗教ではないということが分かりました。宗教は違えど、同じ人間であることに変わりはないため、同じように生活していきたいなと感じました。

2022.1.8 自営業・主婦 

・大変勉強になりました。ムスリム、イスラーム圏の映画がより好きになりそうです。
・イスラムについて知識がなく、今日のお話によって自分の偏見が間違いだったと感じ、一部の過激な組織によって、日本では危険と思われている事がすごく理解できました。「易きを求め困難を求めない」という言葉がすごくわかりました。

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.