イスラーム礼拝所 名古屋モスク バーブ・アル=イスラーム岐阜モスク

見学者からの感想 (2018)

2018年に名古屋モスクに見学にいらっしゃった方々からの感想の一部と写真を掲載いたします。
»2017年の感想こちらからどうぞ
»2016年の感想こちらからどうぞ
»2015年の感想こちらからどうぞ
»2014年以前の感想こちらからどうぞ

2018.5.18 名城大学付属高等学校教員 

2018.3.3 南山大学学生 

・本や論文で得た知識と実際に見たものが結びついた時に、イスラームを学ぶことの興味深さを改めて感じることができました。しかし、それと同時に、まだ偏った知識しか持っていないことにも気づかされました。実際に見てみないと、本当のことは見えてきません。これから大学でイスラームについて学ぶ上で、自ら足を運び、その光景を目に焼き付け、自分の耳で情報を得ることを大事にしていきたいと感じました。

2018.2.27 名古屋近郊在住女性 

・サラさんのお話は、私自身の思い、日本人にありがちな固定観念、現代人の持つ宗教イメージ、日常生活の問題から、歴史、世界情勢まで、あらゆることを切り口に、イスラームの基本を、わかりやすくご説明いただいたので、文字通り時の経つのを忘れてしまいました。/ (中略)アッラーにひたすら帰依するが故に、16億人もの信者の方々が、各人でその信仰の形を自分で選んでいくことが可能な宗教であるということが、とても印象深かったです。

2018.2.14 尾張地区高等学校地理歴史・公民科教育研究会

・勤務校にもムスリムの生徒が在籍しています。配慮できることは可能な限り、配慮しているつもりですが、周囲の生徒にもそれらを理解してもらえるように伝えていくことがより大切だと痛感しました。
・教科指導面についてはもちろんですが、ムスリムの生徒が抱える悩みについては、学校全体の問題として考える機会となりました。
・講話を通して、本では分からないイスラームやムスリムの実情を知る機会となったことや見る大切さを感じました。
・イスラームの寛容さという点は、新しい知見になりました。また、直に礼拝を見ることができ、良い経験となりました。

2018.1.18 愛知県立大学学生

・在日ムスリムが直面する問題について、予想していたものとは違っていて、改めて日本でのイスラム教に対する理解について考えさせられました。礼拝を見学させていただいたのも貴重な経験となりました。
・一番印象に残ったことは、ムスリムであることを友達に話せないという子どもたちの現状です。ムスリムであることをからかわれたり、ISと同じように見られるなど、苦しい思いをしている子どもたちがいることに胸が痛みました。食べ物や礼拝室の配慮ではなく、「偏見」が最大の問題であると思いました。
・前から名古屋モスクのことを気になっていたので訪れることができてよかったです。ムスリムについて新しい一面を知ることができました。多くの人に訪れてほしい場所であると思いました。

2018.1.6 愛知県立大学学生

・先日は貴重な機会と心温まるおもてなしありがとうございました!もう1人の連れもとても楽しくて、ためになったと言って感謝していました。モスク訪問する前日まで、うまく皆さんの輪に入れるかドキドキしていましたが、皆さんとても気さくな方で、とても温かく出迎えていただき、楽しく有意義な時間を過ごすことができました。/ (中略)お母さん方のお話の中で、小学校に通うなど外の社会とより関わるようになってから、自分がムスリムであることに疑問を抱くお子さんが多いことを知りました。また、礼拝の後、実際にムスリムのこどもたちとカードゲームで遊んでいたときに、自分の出番で「ビスミッラー」と言っていたり、イスラームに関する歌(勘違いかもしれませんが)を披露してくれたのが印象的でした。

»2017年の感想こちらからどうぞ
»2016年の感想こちらからどうぞ
»2015年の感想こちらからどうぞ
»2014年以前の感想こちらからどうぞ

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.